穀物 – 州間商品

州間コモディティは、55,000ポンドの大豆を20フィートの輸送コンテナに積み込むことで、輸送コストを大幅に削減しました。

場所: s
機器: s
業種: s

挑戦

北米の州間コモディティは、同社が40フィートコンテナの大豆を輸出から20フィートコンテナに切り替える一方で、負荷重量を最大化するためにコンテナローダーを供給するようAワードに要求しました。このコンテナローダは、多くの水平ローディングシステムによって引き起こされるほこりの問題を排除するために必要でした。設計はまた、最大の積載効率を確保するために、積載プロセス中に出荷コンテナを計量するために、貿易認定スケールシステムを組み込む必要がありました。

ソリューション

A-Wardは、空のコンテナをシャーシから取り出し、大豆で満たされるように90度まで傾けてから、出荷のためにシャーシに戻す20フィートのショートリアフレームコンテナローダーを供給しました。このコンテナローダーはTAM Systemsグレインエレベータータワーと統合されており、最大55,000ポンドの大豆を約10分でコンテナに転送できます。A-Wardはまた、ワンマン操作のためのハンズフリーリモコン、安全なアクセスはしごとプラットフォーム、高速30kw電力パックを含むアクセサリーの数を提供しました。

結果

州間コモディティは、55,000ポンドの大豆をA区コンテナローダーで20フィートのコンテナに積み込むことで、輸送コストを大幅に削減しました。これは90度に傾いた20ftの容器を積み込むによって可能になったので、各出荷容器の全容量を利用する。90度でロードすると、最大6つの材料圧縮が負荷重量をさらに最大化します。送り手に関連するほこりの問題は除去され、より安全で、よりきれいな操作をもたらす。統合された貿易認定スケールシステムは、ロードプロセス中に容器を計量することを可能にし、正しい目標重量が毎回初めて達成されることを保証します。